シャンプーと洗剤で匂いをガード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ミョウバン水を使う方法私は子どもとかかわる仕事をしています。
子どもはなんでも正直に言ってくるため、色々なことに細心の注意をはらわなければなりません。
そのうちの一つが、脇汗の匂いです。

脇の匂いがくさいだけで、子どもはすぐに反応し、「くさいくさい!」と大声を出します。
そこで、脇の匂いを消すために私が行っている方法の一つが、髪の毛を洗うシャンプーと、洋服を洗う洗剤です。
シャンプーも洗剤も良い香りのするものを使っています。
シャンプーの香りや洗剤の香りは、自分では慣れてしまって気が付きませんが、まわりには予想以上に届いているものです。
しかし届いているとはいっても、自然な香りとして届きます。
仕事に香水をつけていくのもどうかと思いますし、つけると逆に、「香水くさい!」と言われてしまうのがおちです。

しかし、自然と香るシャンプーや洗剤の香りであれば、良い香りを放ちつつ、くさい脇の匂いを隠してくれるわけです。
洋服の洗剤は脇に直接触れているため、想像がつくひとも多いと思います。

髪の毛のシャンプーは脇とは直接触れていないため、気が付かない人もいるでしょう。
私の今までの経験上、洗剤よりもシャンプーの方が寧ろ効果的です。

髪の毛には香りがつきやすく、とれにくいものです。
そして、特に女性の場合は髪の毛の長い人も多いため、歩く度に揺れて、香りが放出されるのです。
香水や制汗剤の香りのあるものを使うよりも、自然に良い香りで脇の匂いを隠すことがおすすめですよ。

脇の匂いを消すTOPページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。